ドローン事業

Drone

先端技術ドローンで未来の安心・安全・便利を見据える

高齢化・労働力不足などの課題解決に新しいソリューションを提供
ドローンを使った最先端のソリューション

ドローン事業の紹介

国内で進む高齢化や、人口の減少による労働者不足の問題に対処するためインフラの点 検や災害状況の確認、建築・土木測量・農業活用(農薬散布や育成状況の調査)、物流、警備など、2024年度にドローン事業の国内市場は、2018 年度比 5.4 倍の 5073 億円に達すると予想されています。
アークグループでも、建築事業と絡めたビジネス展開等を進めていく方針です。

ドローンで建築現場などの測量・点検

測量・点検

建設現場などで、飛行コースを設定しドローンを自動飛行させて撮影を実施。地形データーを短時間で取得することで作業効率を大幅に改善。

ドローンの農業活用

農業

農地をドローンで撮影、管理することで日々の作物の生育状況などの把握、農薬散布などを実施。
(農家の方々の高齢化や人手不足問題の解決に)

ドローンで警備・災害状況の確認

警備・災害状況の確認

人や車の雑踏する場所での渋滞状況確認、事件事故の発生を未然に防止する巡回警備、洪水や津波、森林火災など立入が困難な場所での災害全容の把握など。

インフラ点検でドローンの活躍が期待される

インフラ点検にドローンを使用するメリットは、様々です。
人が立ち入るのが危険な場所などもドローンを使用すれば安全に行うことが可能です。
また、ドローンを使用すれば時間やコストの大幅な削減に繋がります。
現在厳しい環境下でも安定した飛行性能を持つ産業用ドローンの開発も進んでいます。
このようにドローンの活躍が人手不足の解消だけでなく作業の効率化も期待できます。